介護職 資格 給料

介護職の資格別給料ランキング!

平均給与額

1、介護支援専門員 334,410円
2、社会福祉士 324,300円
3、介護福祉士 297,320円
4、介護職員基礎研修 283,540円
5、介護職員初任者研修 267,410円

資格ありとなしの平均給与額の違い

保有資格あり 286,540円
保有資格なし 253,550円

出典:厚生労働省 (平成27年度データ)

 

どの資格を狙うのか?考えてみよう

平均給与額で見てみると、介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格が一番給料が高くなっています。ただ、その分合格率も低く、15%〜20%となっています。

 

ケアマネジャーの資格を取得するには実務経験が必要なので、ケアマネジャーの資格を目標に、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)、実務者研修(旧ホームヘルパー1級)を取得してから、ケアマネジャーの資格を取得するのが一般的な流れとなっています。

 

ちなみに平均給与額にある4番目の介護職員基礎研修は、ホームヘルパー1級と一本化され、実務者研修となっています。

 

資格なしでも求人がある介護職ではありますが、短期でない限りやはり資格取得は必須で、給料面でも違うのである程度「どの資格を狙うのか?」決めておくのがいいでしょう。